山野井 様 ご夫妻より

2014.07.13

Follow Us

Twitter

facebook

R0012772-552x402[1]

 

◆当店での購入をお決めくださった理由をお聞かせください。

 

ネットでこちらの指輪を見て『かわいい♡』と思い、一番初めにこのお店に来ました。

店員の方もとても親切にしてくれて、自分達に合う指輪に出会う事が出来ました。

 

◆ご購入頂きました結婚指輪

759913[1]

 

◆システィーナGINZAより返答

 

山野井 様

この度はシスティーナGINZAをご利用頂きまして誠に有難うございます。

アンケート・お写真に快くご協力いただきました事、重ねて御礼申し上げます。

 

山野井 様にご満足いただけました商品をご提案出来ました事、大変光栄に感じております♪

 

次回は是非ご家族の皆様とご一緒にご来店くださいませ( ^^)

山野井 様にまたお逢い出来ます日を楽しみにしております!

様々なカタチのダイヤモンド【プリンセスカット】

2014.07.07

Follow Us

Twitter

facebook

pr1-552x400[1]

 

■宝石とジュエリー

宝石は、大体の場合 ジュエリーというカタチになって 皆さまのところへ届きます。

 

それは身にまとう『装飾品』となった完成形。

 

作り手たちがたくさんの想いと手間をかけてカタチにしたものです。 歴史を遡れば、ジュエリーには 魔除けの意味があったり 身分高さを他者に示す目的で身につけたり 宗教的なシンボルであったりしたものが やがて純粋に美しさを目的とした物になったとされています。

 

ずっとずっと昔から 女性には欠かせない特別なもの。

 

それがジュエリーです。 完成形のジュエリーはもちろん美しく華やかなものですが

 

『材料』であるルース(裸石)だって さらには研磨されて輝く前の原石だって それだけで美しいのです。

 

そこで 今回はジュエリーになる前のルースをご紹介します。

 

なかなかルースの状態の宝石を見ることはないと思いますので 魅力が伝わればうれしいです!

 

今回仕入れたのは 『プリンセスカット』と『ローズカット』のダイヤモンド。

 

変形ダイヤモンドが大好きな私ですが そのなかでも特に好きなふたつです。

 

今回はプリンセスカットについてご紹介いたします。

 

 

 

■王妃が愛したダイヤモンド

プリンセスカットは比較的新しいカットで、

その名前の由来は

 

その繊細で美しいフォルムから 「プリンセスのように、気品ある女性にふさわしいものに」と 開発者によって語られたとか

 

英国ダイアナ妃に贈られたことから呼ばれるようになったとか

 

諸説あります。

 

日本ではあまり一般的ではないかもしれませんが 欧米ではとても人気があるのです。 四角いカットは バゲットカット、エメラルドカット、テーパーカットなど 他にもたくさんありますね。 別の機会でご紹介したいです!

 

さて、 プリンセスは他の変形(ファンシーシェイプ)に比べるとよく輝きます。

 

カットの面数は49面体で キラキラとした輝きと虹色が出やすいです。

 

四角形というシャープな中に 細かいきらめきが詰まっている、 名前の通り気品あふれるカット。

 

テーブル(一番上の面)が広いので大きく見えやすいですね。

そしてテーブルを覗くと見えるX状の幾何学模様が特徴。

 

奥行きがあって吸い込まれそうで 見てるとドキドキするんです。

 

分かりにくいかもしれませんが… 個人的にですが…

 

例えるなら宇宙。 スペースマウンテンで 暗闇の中に 光と共に吸い込まれていく感じ。

 

そう、いつもスペースマウンテンを思い出してしまうのです。

 

例えるなら宇宙、じゃなくて スペースマウンテンでしょうか。

 

pr2[1]

 

そんなお気に入りのプリンセスカットは すでにデザイン打合せ済みで いくつかサンプル作成を進めるところです。 ダイヤモンドという、とても強く魅力的な素材を調理するときは それを活かすためシンプルデザインになりがちですが 今回は、ちょっと遊び心のあるものも加えてみました。

 

 

少し先になりそうですが 完成次第、お知らせいたします♪

 

 

▼プリンセスカットを使ったエンゲージリングはこちら▼

New_Noble01_a-300x300

 

ダイヤモンドの魅力が少しでも伝わりますように。
次回はローズカットについてご紹介いたします。

店舗来店予約

ダイヤモンドやジュエリーに詳しい専門スタッフがお客様にぴったりのリング探しをお手伝いいたします。