2014年9月香港ジュエリーショー

2014.09.26

Follow Us

Twitter

facebook

IMG_1982-552x402[1]

 

9月11日より香港ジュエリーショーに行って参りました。

アジア最大のジュエリーショーでクリスマス前の商品調達に売り手も買い手も各国から集まって来て盛り上がるのです。

特に中国、インド、インドネシアは急速に発展していて金持ちも増えており、宝飾品の需要が拡大しています。

 

IMG_1949[1]

 

今回は展示会場が二カ所に別れて裸石を中心とした宝飾品は空港となりのアジアワールドエキスポ

製品はワンチャイにありますコンベンションセンターで行われました。

香港に行くと毎日が外食&飲酒なので朝はジョギングを欠かせません。

 

IMG_1942[1]

 

しかし6キロ走った後に会場を歩き回るのはかなり脚にきますね。

今回は主にダイヤを売るのが目的で中国人やインド人と商談して来ました。

会場には世の中にこんなにダイヤモンドが有るかと驚く程の量が集まって来ています。

これだけ大粒のダイヤモンドが一斉に観れるのはココだけですね。

 

IMG_1983[1]

 

華やかなブースもあり、ものすごく賑わっていました。

 

IMG_1982[1]

 

今回の成果はまあまあでしたが、予想していなかった円安のお陰で予想外の収穫でした。

 

IMG_1986[1]

 

久しぶりに会う世界中の取引先に胃もだいぶ疲れ気味でした〜

 

IMG_1990[1]

インドの富豪の結婚式

2014.09.09

Follow Us

Twitter

facebook

IMG_3798[1]

 

今回取引先のご子息の結婚式に招待して頂き、インドへ行って来ました。

インドの大富豪は桁違いで結婚式にかけるお金も桁違い

この結婚式で費やされたお金は3億円だとか….

花嫁さんは全身高価なジュエリーで着飾って1週間かけて儀式を行います。

 

ボリウッドスターも招待しての踊り有り、歌有りで毎日がパーティー

 

IMG_3776[1]IMG_3724[1]

 

世界中からゲストが招待されて毎日昼夜続くの祝宴

 

IMG_3780[1]

IMG_3792[1]

 

最後の夜に結婚の儀式が執り行われてめでたく夫婦になります。

この写真が結婚の儀式

 

IMG_3821[1]

 

式が行われたのはなんと競馬場

招待された人数は世界からは250人

総勢3000人だったそうです。

そしてすべての招待客に食事が振る舞われて素晴らしい結婚の儀が終わりました。

ちなみに海外招待客の中に世界のダイヤモンドの相場を決めるMr Rapaportさん

私と映っているこの写真の方がそうです。

 

IMG_3693[1]

 

目先の相場の事を聞きましたが、笑ってはぐらかされました(笑)

インターナリーフローレスダイヤモンド

2014.09.02

Follow Us

Twitter

facebook

8673f98fba2cf43555d6041fc9ff5d3f-552x402[1]

 

少し前ですが、久しぶりにとても希少なダイヤモンドを見せてもらいました。

12.07カラットのDカラー、IFの 蛍光性無し. Type 2 A

ASHOKA DIAMOND アショカダイヤモンド

 

3780a65655364b6e825046912d0f59881[1] 8673f98fba2cf43555d6041fc9ff5d3f[1]

 

まずVVS1より上のグレードのIF、

INTERNALLY FLAWLESS  インターナリー・フローレス 石の内部に無欠陥・無欠点 (英語で「 内部無傷です」の意味)でDカラーのタイプ2A

ダイヤモンドの業界ではこのタイプの石をDカラーの最上位、またはその上のCカラーと言われています。

実際にCカラーは実際は存在しませんが、ダイヤモンドのカラーグレードがDカラーから設定されたのはいずれ将来Dカラーよりも上のグレードが出現した時の為とも言われています。

またこのタイプ2Aはゴルコンダダイヤモンドとも呼ばれ、その昔インドのハイデラバード近くのデカン地方のゴルコンダというエリアで採れたもので一般のDカラーよりもプレミアムが付くケースがあります。

そしてシンメトリー(対称性)がエクセレント

そしてあまり知られていませんが、FLUORESCENCE NONE  蛍光性無し 蛍光性とは一般的にはブラックライトや紫外線を浴びると青や黄色や黄緑に発色するタイプのダイヤの事で、その度合いもストロング、ミディアム、フェイントとランク付けされて鑑定されます。

写真はブラックライトを当てたダイヤのロットです。

 

IMG_2419[1]

 

蛍光性がストロングブルー(ストブル)はあまり好まれず同グレードでも少し割安になるケースがあります。

ちなみに人工的に造られる工業用の人工ダイヤモンドには蛍光性が無いそうです。

個人的には幻想的で綺麗だなとも思いますが…

蛍光性の事はあまり一般的には知られていないですね

それにしてもこのASHOKA DIAMOND オークションでいくらで競り落とされるのでしょうか?

店舗来店予約

ダイヤモンドやジュエリーに詳しい専門スタッフがお客様にぴったりのリング探しをお手伝いいたします。