ダイヤモンドのカット評価はどの様にされているのでしょう?

2015.03.31

Follow Us

Twitter

facebook

IMG_2600-552x402[1]

 

今回は前回インドに買付けに行った時に撮影した画像を紹介致します。

実はダイヤモンドのカットの良し悪しは機械でダイヤモンドを測定して評価されるのです。 まずダイヤを逆さまにSARINという機械の上にのせます。

 

 

 

次に蓋を閉めて数値の測定

 

IMG_2595[1] IMG_2602[1]

 

すると次の瞬間にダイヤモンドの様々なカッティングのデータが表示されます。

研磨する前に違う機械で原石をチェックして、一番効率の良くて綺麗なカットが出来るデータを元に研磨されあがってきます。理想のデータにいかに近いか、それぞれの評価が表示されて総合推定評価が出るのです。

 

IMG_2603[1] IMG_2604[1]

 

画面左側の鑑定機関を設定すると、その鑑定機関の基準に応じた評価が推定されるのです。

一般的に海外では GIA (Gemological Institute of America)を基準に判断する事が多いのです。

このダイヤモンド業者では一つ一つの石をすべてデータ化し、画像で取引先に見える様に手間をかけて管理しているのです。

 

IMG_2601[1] IMG_2600[1]

 

研磨から上がってきたダイヤを手間をかけて管理しているので急ぎの場合はデータをチェックして画像を確認し、調達することも可能なのです。

また1カラット以上のダイヤは3D画像で管理されており、石が一周回って完璧にチェックできるのです。

 

IMG_2607[1] IMG_2605[1]

 

ラウンドブリリアントカットを始め様々な形のカットがありますが、実はここ数年ハードウェアの進歩やカッティング技術の向上によりダイヤモンドのカットは進化を続けているのです。

1カラット以上のダイヤに関しましては海外からの直接指定調達も受けておりますので、ご興味のある方は是非ともお問い合わせください。

 

店舗来店予約

ダイヤモンドやジュエリーに詳しい専門スタッフがお客様にぴったりのリング探しをお手伝いいたします。